2016 6th collection

Direction/Design  :  Maiko Asami   Photo  :  Bungo Tsuchiya(TRON)   Styling  :  Tatsuya Shimada(TRON)   Hair Make  :  Norihide Kose    Model  :  Tom Gaskin   Graphic Design : Rus Brockman

Special Thanks  :   H>FRACTAL Laforet, Showroom BABYLON, XANADU TOKYO

廃工場のようなブルータリズム建築で体感した最新のインダストリアル / インダストリアルテクノミュージックシーンから インスパイアされ、デザインされた今コレクション。荒々しい素材感のシャークレザー、コンクリートのような風合いの 蝋引きレザー、割れた建材のような風合いのひび割れレザー等を使用。また、金属チューブを使用した構築的でメカニカルな デザインに、コンクリートのような風合いのマットシルバーカラーをバリエーションに追加。レザーの風合いの生々しさと、 メカニカルで構築的なデザインをミックスし、現代のストリート / モード両スタイルにマッチするようにアレンジ。

A collection whose inspiration is the harsh rhythmic intensity of Industrial/Industrial techno music, combined with the atmospherics of Brutalist architecture - the hard angles of raw concrete, the stark presence of an abandoned factory. The rough texture of sharkskin - whose concrete like waxy leather and cracked surface recalls a broken, degraded architectural material is fused with metal tubes, the mechanical/industrial elements transcending its natural form, while matte silver colours reference the cold hues of concrete. The rawness of leather combined with the mechanical is fused with an architectural sensibility to create a collection both modern and mode.